AWS Amplify HostingでNext.jsアプリをデプロイする | アントレプログラマー

AWS Amplify HostingでNext.jsアプリをデプロイする

AWS

こんにちは、ニキです。

この記事では、Amplify HostingでNext.jsアプリをデプロイします。

かなり簡単にデプロイできるのでおすすめです。

CLIではなく、コンソールを使ってデプロイしていきます。

アプリケーションは事前に作成したものをGitHubにPush済みの前提です。以下の記事でHello Worldまで解説しています。

それでは、進めていきます。

Takaharu Niki

・Webエンジニア5年目。
・バックエンドを中心に、フロントエンドやDevOps業務も経験。
・現在は、自社サービス企業のテックリードとして従事。

Takaharu Nikiをフォローする

AmplifyからNext.jsアプリがあるリポジトリへ接続

Amplifyのコンソールから使用を開始する を選択します。

リポジトリを選択します。

今回はGitHubを選択しています。

Authorize AWS Amplifyを選択します。

Amlifyをインストールする個人アカウントあるいはOrganizationを選択します。

対象のリポジトリを選択します。

今回は全てのリポジトリを対象にしました。

パスワードを入力します。

GitHubの認証に成功しました。

Amplify HostingにNext.jsアプリをデプロイする

デプロイ対象のリポジトリとブランチを選択し、次へを選択します。

ビルド設定は自動で検出されるので、特には設定不要です。

IAMロールがなければ、新しく作成します。

次へを選択します。

内容を確認して、保存してデプロイを選択します。

デプロイに成功しました。

Amplify HostingのNext.jsアプリへアクセス

与えられたドメインからアクセスします。

ローカル環境と同じように表示できました。

まとめ

この記事では、Amplify HostingでNext.jsアプリをデプロイする方法を解説しました。

効率的に学習するならプログラミングスクールの検討もありです。

Takaharu Niki

・Webエンジニア5年目。
・バックエンドを中心に、フロントエンドやDevOps業務も経験。
・現在は、自社サービス企業のテックリードとして従事。

Takaharu Nikiをフォローする
AWS
Takaharu Nikiをフォローする
アントレプログラマー
タイトルとURLをコピーしました