AWSで多要素認証(MFA)を設定する | アントレプログラマー

AWSで多要素認証(MFA)を設定する

AWS

こんにちは、ニキです。

この記事では以下のような疑問にお答えします。

  • ルートユーザーの多要素認証 (MFA) を設定した方がいい?
  • ルートユーザーの多要素認証 (MFA) を設定するにはどうすればいい?

結論を先に言うと、ルートユーザーの多要素認証 (MFA) を設定した方がいいです。その理由と設定する方法を解説していきます。

Takaharu Niki

・Webエンジニア5年目。
・バックエンドを中心に、フロントエンドやDevOps業務も経験。
・現在は、自社サービス企業のテックリードとして従事。

Takaharu Nikiをフォローする

AWSのルートユーザーのMFAを設定したほうがいい

ルートユーザーはフルアクセスできるユーザーなので、セキュリティを強化しておく必要があります。セキュリティを強化するために、多要素認証 (MFA) を有効にします。

以下はAWSの公式ドキュメントからの引用です。

ルートユーザーの認証情報を安全に保つために、ルートユーザーのサインインで多要素認証 (MFA) を有効にすることを強くお勧めします。これを行うと、ルートユーザーの E メールアドレスとパスワードを入力するだけでなく、別の認証者からの認証情報も使用することになり、誰かが許可なくルートユーザーの認証情報を使用することがはるかに困難になります。

引用 https://aws.amazon.com/jp/getting-started/guides/setup-environment/module-two/

AWSのルートユーザーのMFAを設定する方法

ここからは実際に、MFAを設定していきます。

まず、IAMサービスのコンソール画面へ移動します。

MFAデバイスの選択

以下のようにセキュリティに関するレコメンデーション内に rootユーザーのMFAを追加する があります。

MFA を追加 を選択します。次に、次の画面でMFA の有効化 を選択します。

次に、MFAデバイスを選択します。

ここでは、お手軽に Authenticator appにします。

デバイス名はアプリケーションをインストールするデバイスに相応しい名前にします。

名前とデバイスを選択した後に 次へ を選択します。

MFAデバイスの設定

認証用のアプリケーションをデバイスにインストールします。以下のページで互換性のあるアプリケーションを確認できます。今回は、Google Authenticator を使用して検証しました。

IAM - 多要素認証

QRコードを表示した後に、認証アプリケーション上でカメラを起動し、QRコードをスキャンします。

認証アプリと連携できると、アカウントのコードが認証アプリケーション上に表示されるので、MFAコード1に入力します。

一定時間ごとにコードが切り替わるので、MFAコード1に入力したコードの次に表示されるコードをMFAコード2に入力します。

MFAを追加 を選択すると、MFAの設定は完了です。

ルートユーザーでサインイン

これ以降のルートユーザーのサインインでは、メールアドレスとパスワードの入力に加え、以下のようにMFAコードを要求されるようになります。

まとめ

今回の記事では、AWSで多要素認証(MFA)を設定する方法を解説しました。

効率的に学習するならプログラミングスクールの検討もありです。

Takaharu Niki

・Webエンジニア5年目。
・バックエンドを中心に、フロントエンドやDevOps業務も経験。
・現在は、自社サービス企業のテックリードとして従事。

Takaharu Nikiをフォローする
AWS
Takaharu Nikiをフォローする
アントレプログラマー
タイトルとURLをコピーしました